オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

太田市で屋根(棟板金)にさびが見られるお家へ調査に行きました


本日は、太田市藤阿久町に屋根外壁塗装の現場調査へお伺いしました。
「遠くから見ると屋根のさびが気になって…」と、先日太田市の店舗へご来店いただいた方です。

早速、屋根の現状を高所カメラを使用し調査しました。
屋根 棟板金 さび
南東面の屋根です。
お施主様からおうかがいしていた通り、棟板金のさびが顕著に見られました。
屋根 棟板金 さび
南西面の屋根です。
同様に棟板金のさびが見られました。
太田市 棟板金 さび
棟板金に限らず、鉄板のさびには注意が必要です。
さびの劣化が進行すると、板金自体に穴が開くなどの破損、または固定部分の劣化も同様に進行するため、突風により板金が飛ばされるケースもございます。

塗装を行い、「素材の保護」を行うことが重要です。

築18年ということもあり、屋根材自体も色褪せやコケが見られましたので、屋根全体の塗装工事をお見積りをご提出しました。
太田市 棟板金 さび

屋根塗装工事を施工する場合、おおよその工期は1週間~1週間半ほどです。

①足場組み
屋根単体の塗装工事であっても、基本的には全面足場組みを行います。

②高圧洗浄 ※とっても重要です!
塗装(ペンキを塗る)前に水洗いをします。
現在屋根材についている砂ホコリやコケ、カビをしっかりと落とし、ペンキの密着性を高める作業です。
私たちは「下地処理」と呼ぶ作業ですが、ここをしっかりやるか否かが塗料の耐久年数に大きく関わります。
いくら耐久年数の長い高級塗料を塗装しても、下地処理がしっかりとなされていなければ意味がありません。

【乾燥のお日にちを作ります】

③下塗り(1回目)
屋根の塗装工事は、基本4回塗りの施工です。
まず下塗り1回目は「吸い込み止め」です。
高圧洗浄を行い、屋根材の素地が剥き出しになった屋根は、とてもよく水分を吸収します。
上塗り(色を付けるペンキ)の接着剤の役目を果たすのが下塗りですが、すべて吸収されてしまうと役目を果たせません。
ですので、まずはこれ以上吸い込まない!ところまで屋根材に下塗りを染み込ませるのです。

④下塗り(2回目)
そして2回目の下塗りで、接着材を役割を果たす膜を形成します。

※板金部分には下塗りとして【さび止め】を塗装します。

⑤上塗り(1回目)
ここでようやく色の付いたペンキを塗装していきます。

⑥上塗り(2回目)
最後の仕上げ!カスレなどがないようしっかり塗っていきます。

⑦足場解体
新築のように生まれ変わったお家のお披露目です。


しっかりと手順を踏まずに施工すると、本来の耐久年数よりも短くなります。


使用する塗料もそうですが、施工内容にも目を向けていただくことが重要です!



屋根の無料診断をご希望の方は、ぜひお気軽にお問合せください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

c8ef4ad2745fe811b709c168ef81b1ad

屋根の色あせや汚れが目立つとのお問合せをいただき、伊勢崎市山王町にてコロニアル屋根のお家の現場調査に行ってきました。それでは早速調査をしていきましょう。まず初めに、南面から調査をしました。

0

玉村町で屋根の調査に伺いました。

今回は屋根の調査のため、玉村町にいってきました!

調査するのは築25年の一戸建てで今回はじめての塗装ということです。

...........

image4-26-e1555141498886

多くのお客様が実際に塗装をする前段階で一番気にするところはどこでしょうか?お見積りの金額という方もいれば、業者選びに悩まれる方もいますが共通していえるのが色ではないでしょうか!使用する塗料メーカーによっては多くの色があり、どんな色にしよう?...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら群馬東毛店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-32-1152