オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知
らせ

店舗の折半屋根(金属屋根)の塗装もお任せください!


先日、ご紹介しました店舗の折半屋根(金属屋根)の塗装工事の様子をご紹介します。
前回お伝えしたのは下地処理(研磨作業)をお伝えしましたのでその続きです。
詳しくはこちらからご覧ください。

研磨作業が終わりますと下塗り材の塗装を行います。
下塗り材は接着剤の役割をするのですが今回の屋根が金属ということもあり
サビ止めの下塗り材を使用します。

サビは特にお水の溜まりやすい部分に発生しやすい為、
お水が溜まりやすい部分や細かな部分を先に刷毛(はけ)で塗装を行っていきます。



CIMG1054-columns1
この白い塗料が下塗り材(サビ止め)です。

塗ったところがはっきり分かります。

下塗り剤を塗った後に上塗りを塗っていきます。
今回の上に塗る塗料が

遮熱塗料

という日光を反射させて屋根表面の温度が上がるのを防ぎ、
室内温度を軽減する塗料を採用いただきました。
CIMG1065-columns1

この遮熱塗料はいろいろな色があるのですが
遮熱の効果が高いのが白色です。

なかなか一般住宅で白いお色の屋根はお選びいただくことが少ないのですが
店舗であれば屋根の形状にもよりますが採用いただきやすいですよね。
CIMG1066-columns1
上塗りも細かい所は刷毛(はけ)で塗装していきます。
CIMG1068-columns1
天気が曇ってしまって残念でしたが完成です!

真夏の暑さ軽減の効果が期待できます!


店舗の屋根のことも
弊社にお任せくださいませ!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

c8ef4ad2745fe811b709c168ef81b1ad

屋根の色あせや汚れが目立つとのお問合せをいただき、伊勢崎市山王町にてコロニアル屋根のお家の現場調査に行ってきました。それでは早速調査をしていきましょう。まず初めに、南面から調査をしました。

0

玉村町で屋根の調査に伺いました。

今回は屋根の調査のため、玉村町にいってきました!

調査するのは築25年の一戸建てで今回はじめての塗装ということです。

...........

image4-26-e1555141498886

多くのお客様が実際に塗装をする前段階で一番気にするところはどこでしょうか?お見積りの金額という方もいれば、業者選びに悩まれる方もいますが共通していえるのが色ではないでしょうか!使用する塗料メーカーによっては多くの色があり、どんな色にしよう?...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505