オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知
らせ

屋根工事と一緒に確認していただきたいコーキング工事の点検に伺いました


12月もみなさまのおかげもありまして多くの現場を施工させて頂いております。

今回は外壁塗装工事中のコーキング工事の点検に伺いましたのでご紹介します。

ところで

皆様が塗装の工事をやろうと思ったきっかけはどんな事でしょうか

・色褪せが気になって

・ひび割れが

・訪問業者さんに言われて

・周りのお家がやっていたから

等々…

もちろん間違いではありません。

今回は、お水からお家の躯体(くたい)を守る、観点でお話しさせて頂きます。

外壁材ごとに注意して頂きたい部分が異なりますが、

今回は外壁材がサイディングボードの場合の注意点をお話しします。


単刀直入に言わせて頂きますとそれは外壁材と外壁材の間にある、

コーキングと言われる部分です。

このコーキングの役割は、

・外壁材との間にあるため、水の侵入を防ぐ

・柔らかい材質により、地震の揺れによる振動を分散し外壁を破損させにくくする

という役割があります。


写真のようにコーキングに割れが見られると、注意が必要です。





image1-6-columns1

こちらのお家は一度塗装しており、コーキングの上にも塗装の膜があります。

塗装をしていないお家は基本的にこのコーキング上の塗膜はありません。


コーキングは紫外線に弱く、経年劣化と共に素材自体が硬化します。

そのため、コーキングがむき出しの状態では耐久年数も短くなりますしお水の浸入もしやすくなります。

だからこそ、サイディングのお家では是非、コーキングの状態を注意してみてください。


点検にうかがった際にはちょうど、コーキングの撤去作業を行っていました。


image2-6-columns1

外壁の間と、窓周りにもコーキングがありますので、残さず撤去します。

(場所によってはコーキングの撤去ができない場所もあります)


お家によって量は様々ですが


image3-6-columns1

これ程のコーキングがあるのです。


触ってみると固く、弾力もなくなっていました。


image4-5-columns1

この弾力性の確認は撤去しなくとも、コーキングを触ってみることでどなたでも分かりますので、
ご自宅のコーキングの点検をして見てはいかがでしょうか?

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

c8ef4ad2745fe811b709c168ef81b1ad

屋根の色あせや汚れが目立つとのお問合せをいただき、伊勢崎市山王町にてコロニアル屋根のお家の現場調査に行ってきました。それでは早速調査をしていきましょう。まず初めに、南面から調査をしました。

0

玉村町で屋根の調査に伺いました。

今回は屋根の調査のため、玉村町にいってきました!

調査するのは築25年の一戸建てで今回はじめての塗装ということです。

...........

image4-26-e1555141498886

多くのお客様が実際に塗装をする前段階で一番気にするところはどこでしょうか?お見積りの金額という方もいれば、業者選びに悩まれる方もいますが共通していえるのが色ではないでしょうか!使用する塗料メーカーによっては多くの色があり、どんな色にしよう?...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505