オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知
らせ

築17年コロニアル屋根の建物診断に伺いました。



今回先日伺ったお家の
建物診断の内容をご紹介いたします。

こちらのお家は築17年ほど経過しており
ご近隣のお家が着々と工事をしていく中
うちもそろそろ・・・
とお考えになられていたそうです。

かといってどこに頼んだらよいのか
いくらかかるのかもわからず悩んでいたそうです。

そんな中、意を決してお問い合わせいただきました。

屋根南面


こちらのお家の屋根には「コロニアル」という材料が使用されており
主成分はセメントです。

その為紫外線や雨水などの経年劣化により
表面の塗装が劣化し部材自体も傷んでまいります。
屋根南面アップ

現状で表面の劣化が始まっており、白っぽく見えてきています。

こちらは素地です。

素地の露出は非常に水分を含みやすい状態であり
ひび割れ、雨漏りの原因につながるため要メンテナンスです。

しかしお声がけのタイミングも良く
大きな痛みは確認できませんでした。
屋根北面

また、屋根や外壁は方角によって劣化の仕方や傷み具合が異なります。

先ほどまでの写真は南面や西面などの日当たりが強い方角で
こちらの写真は日の当たりにくい北面です。


日の当たりにくい面は苔が生えやすいのです。

傷んだ屋根材が含んだ水分を
日当たりが良くないため蒸発しきれず
湿気た状態が続くため苔が発生します。
屋根北東面

北面と西面の比較です。
ここまで違います。

特になかなか見ることのできない部分だからこそ
専門家に見てもらうことが重要です。

屋根の傷みお気になられる方はお気軽にお問い合わせ下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

c8ef4ad2745fe811b709c168ef81b1ad

屋根の色あせや汚れが目立つとのお問合せをいただき、伊勢崎市山王町にてコロニアル屋根のお家の現場調査に行ってきました。それでは早速調査をしていきましょう。まず初めに、南面から調査をしました。

0

玉村町で屋根の調査に伺いました。

今回は屋根の調査のため、玉村町にいってきました!

調査するのは築25年の一戸建てで今回はじめての塗装ということです。

...........

image4-26-e1555141498886

多くのお客様が実際に塗装をする前段階で一番気にするところはどこでしょうか?お見積りの金額という方もいれば、業者選びに悩まれる方もいますが共通していえるのが色ではないでしょうか!使用する塗料メーカーによっては多くの色があり、どんな色にしよう?...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505