オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知
らせ

屋根工事コラム


足場 注意点

今回は工事前に注意していただくこと、工事中の注意事項をお話し致します。お家によって異なりますが注意していただくポイントがいくつかあります。 ご不安な点や、少しでも気になる事はお気軽にご相談ください!

IMG_6480

軒裏天井と一言で行っても素材によってメンテナンス方法が違います。木部の場合とボードの場合を例にどのようなところが違うのか、どんなメンテナンスが必要なのかをご説明します。

1-10

日本では必ずみる瓦屋根。今回は日本の代表でもある瓦屋根についてご説明いたします。皆さんは瓦のイメージはどんな感じでしょうか?私はこの業界に入るまでは、「日本によくある屋根」というイメージしかありませんでした。

s-sIMG_5486

お家に必ずある付帯部の雨樋。屋根に降った雨水を受け、その雨水を地面や下水に流してくれる役割があります。もしこの雨樋がないと屋根で受けた雨水を直接地上に受けてしまい地面がドロドロになったり、跳ねた雨水が外壁に飛び散って汚れてしまいます。お家をキレイに保つためのとても大切なものなのです。

チョーキング現象

塗装のお見積りでよく聞く「チョーキング現象」。 チョーキング現象について正しい知識を知って安心の塗装店を選びましょう。 まず、チョーキング現象とは塗膜表面が劣化し、チョークのように粉状になり触ると手につく現象のことをいいます。

板金 棟

コロニアル屋根の劣化は表面の色褪せだけと思っていませんか?実は屋根の表面の状態と同じ、もしくはそれ以上に重要な部分があります。 それは「棟板金」です。この棟板金は屋根の面と面の重なり合う部分のところに覆っている板金部分のことを指します。

コーキング

以前、外部に使用してはいけないコーキングについてご紹介しました。 今回はその第二弾ということで外壁に使いやすいけれど使ってはいけないコーキングについての知識を付けて行きましょう。

防水

ベランダや屋上の床の防水工事を行ったあとにいままでにない水たまりができてしまった、ということはありませんか? 「せっかく工事をしたあとなのにこんなになってしまうなんて」 「工事のやり方が良くなかったのではないか」 と不安に思う方もいらっしゃいます。そこでベランダ防水後に水たまりのできる原因について少し...........

足場

屋根工事の多くの場合、付随して行う「足場工事」。 漆喰工事や板金工事と違って、足場工事は作業効率を高めたり安全面を考慮したものですからできるかぎりお金をかけずに行いたいものです。足場の費用をかけずに屋根の工事を行うことは可能なのでしょうか。

7d9dde7959d9325a71157c7ffb75b0e1

屋根の工事の中でも最近多くなってきているのがカバー工事です。屋根のカバー工事(カバールーフ)は既存の屋根をそのまま残して、その上から新しい軽量な屋根材を敷くというものです。

コーキング

外壁や屋根のちょっとした補修をするときに使用する「コーキング」 コーキングにも種類があるのをご存知でしょうか?実は大きく分けて2種類のコーキングがあります。 本当にざっくりですが・お家の中の水廻り用・外部の補修用があります。

s-IMG_3337-e1547711730260

何度も何度も雨漏りの可能性と思われるところを工事をしてもまだ雨漏りが・・ どうしたらよいのだろう・・・ そんなときにお勧めしているのが「散水調査(さんすいちょうさ)」です。

和瓦

日本に古くから伝統的に使用される「日本瓦」についてご紹介します。瓦とは、粘土で作った焼き物の屋根材です。日本瓦は、古くから現代まで主に和風の住まいに使用されており、耐久性が高く塗り替えの必要がありません。

コロニアル

普段近くで見ることのできない屋根の工事をする場合、「現状でどのような状況になっているのか」「どんな工事が適切なのか」「本当にちゃんと工事をやってくれるのだろうか」など不安に思われる方が非常に多くいらっしゃいます。安心の屋根のリフォーム工事をするためにもお見積り書の正しい見方を知りましょう。

タスペーサー

コロニアル屋根塗装のお見積りの項目で目にする「タスペーサー」。 タスペーサーは実際にどのようなものなのか、どうして取付けが必要なのかをご紹介します。タスペーサーとは雨漏り防止器具として屋根の塗装工事前に取付を行います。

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505