オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

築30年コロニアル屋根の診断に伺いました。



今回は築30年ほどのお家の屋根の診断に伺いました。

建てられてから1度だけ塗装をされたことがあり
前回から時間もたっているためそろそろ時期かなとのことで
お問い合わせいただきました。

屋根の状態をきっちり確認させていただきました。
南面全景 (1)

こちらが写真です。

今回のお家はコロニアルという屋根材が使用されていました。
軽量でお家への加重も抑えられる人気の屋根材です。

前回塗装されたこともあり状態はさほど悪くはありませんでした。
南面

劣化の症状としては、表面塗装の色褪せが確認できました。

また、部分的に瓦の破損や割れも確認でき、徐々に劣化してきている状態でした。

特に南面は日当たりが良く表面塗膜の劣化が起こりやすい面です。

劣化の進行により、屋根材自体が雨水などの水分を含みやすい状態になってしまいます。

それにより割れや破損に繋がります。
北面

一方で北面はこのような状態になっています。

黒くなっているのは屋根材に水分が含まれているため、黒く見えるのです。

北面は南面と違い日当たりがあまりよくないため
水分を含んだ状態が長く続きます。

境目

こちらは南面と北面の比較です。

これほどにも差が出てきます。

水分の影響でコケも多く発生します。

屋根材の撥水性(水をはじく力)が重要になりますので
塗装でしっかりとメンテナンスをすることをお勧めします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

c8ef4ad2745fe811b709c168ef81b1ad

屋根の色あせや汚れが目立つとのお問合せをいただき、伊勢崎市山王町にてコロニアル屋根のお家の現場調査に行ってきました。それでは早速調査をしていきましょう。まず初めに、南面から調査をしました。

0

玉村町で屋根の調査に伺いました。

今回は屋根の調査のため、玉村町にいってきました!

調査するのは築25年の一戸建てで今回はじめての塗装ということです。

...........

image4-26-e1555141498886

多くのお客様が実際に塗装をする前段階で一番気にするところはどこでしょうか?お見積りの金額という方もいれば、業者選びに悩まれる方もいますが共通していえるのが色ではないでしょうか!使用する塗料メーカーによっては多くの色があり、どんな色にしよう?...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら群馬東毛店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-32-1152