オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

前橋市セメント瓦屋根の現場調査に行ってきました。


前橋市にてセメント瓦屋根の現場調査にお伺いさせて頂いたきました。

屋根の色褪せとコケが生えているとのお問合せをいただきました。



image5-3

新築から22年経つとのことでやはり、

屋根は紫外線の影響による色褪せ、またコケの発生が目立ちました。


なかなか、お客様ご自身で見ることの出来ない屋根だからこそ、

お客様の代わりに私たちがしっかりと調査させて頂きます。


また、立地や周囲の環境により違いわあれど、

どのお家にもほぼ当てはまるのが南側の色褪せと北側のコケの発生です。


それでは早速南面の屋根を調査していきましょう。


image4-20

全体的にだいぶ色褪せが進行していますね。

コケの発生も見受けられますが、やはり色褪せに目が行きます。

元々は黒色だった屋根も色褪せにより白くなっています。

この白くなってきている部分は塗膜の劣化によりセメントの素地が露出している状態です。

雨が染み込みやすくなっている状態です。

屋根の色褪せもメンテナンス時期の1つのサインです。


続いては北面を調査していきましょう。

image1-23

南側に比べて紫外線の影響が少ないため、色褪せは南側より進行はしていません。

ですが、やはり北側は南面に比べるとコケの発生が多く見受けられますね。

よーく見てみると、、

image3-21

雨の溜まりやすい瓦の断面。

ちょっと目を背けたくなる様なコケが見受けられますね。

コケの発生は湿気が原因ですので、屋根表面の塗膜が劣化し撥水性が低下していると言えます。

・紫外線の影響により色褪せ、塗膜の劣化の進行が激しいが陽当たりが良いのでコケな発生は大きくは目立たない南側

・南側に比べると紫外線の影響は大きくないが陽当たりが悪くコケの発生が激しい北側

と言った感じでしょうか。

同じ屋根でも南と北では状態は大きく違います。

image2-20

こう見ると一目瞭然ですね。

北側の屋根はお隣さんのお家によって見えないことがありますが、

屋根のコケや、色褪せはただ劣化した。だけで終わりにしてはいけません。

この状態が続くと屋根も傷んでしまいますので早めのメンテナンスが必要です。


屋根の状態が気になる方は一度ご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

c8ef4ad2745fe811b709c168ef81b1ad

屋根の色あせや汚れが目立つとのお問合せをいただき、伊勢崎市山王町にてコロニアル屋根のお家の現場調査に行ってきました。それでは早速調査をしていきましょう。まず初めに、南面から調査をしました。

0

玉村町で屋根の調査に伺いました。

今回は屋根の調査のため、玉村町にいってきました!

調査するのは築25年の一戸建てで今回はじめての塗装ということです。

...........

image4-26-e1555141498886

多くのお客様が実際に塗装をする前段階で一番気にするところはどこでしょうか?お見積りの金額という方もいれば、業者選びに悩まれる方もいますが共通していえるのが色ではないでしょうか!使用する塗料メーカーによっては多くの色があり、どんな色にしよう?...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら群馬東毛店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-32-1152