オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知
らせ

雨樋の異変はまずはご相談を。火災保険が適用できることがあります!


今回、ご紹介するのは火災保険を使った雨樋の交換工事です。
お伺いしたのは太田市大島町のH様邸です。
お悩みは雨樋が落ちてしまっているとのことで現場調査をしました。

H様のお家は瓦屋根でしたので
瓦の様子も確認しましたがこちらは問題がありませんでした。
sDSC00724-columns1


雨樋はH様のお悩みのように落ちてしまっており雨受けが無い状態でした。
sDSC00730-columns2
角の雨樋から割れてしまい落ちてしまっています。
sDSC00727-columns2
雨樋を支える樋持ち(でんでん)も
根本から折れてしまっている為再度調整することは難しい状態です。

そのため新規の雨樋の取付けが必要です。

この様な場合、ご加入中の火災保険の申請をすることが出来ます!

理由としては
屋根の上に積もった雪が屋根の上を滑り、雨樋に負担がかかり破損した可能性が高いからです。
通常、生活している中で劣化していく「経年劣化」とは違い自然災害の被害という事であれば
火災保険の申請をすることが出来ます。
(経年劣化による漆喰の破損では保険が適用されないことがほとんどです・・)

ただ注意点が何点かあります。
一つ目は火災保険が絶対におりるとは限らない事。
加入状況に応じて保険の金額が決まりますので農協さん・民間の保険会社などなど様々です。

二つ目は保険金は
お家を直す費用に充てるために使用すること。

などなどお伝えすることは多くありますが
申請の資料などは簡単ですし私たちがご用意できるものが多くあります。

もし火災保険の申請についてご質問があればお気軽にお問い合わせくださいませ。
4年前や今年の大雪など数多くの火災保険の対応のお手伝いをさせていただいております。

お困り事がございましたら
お気軽にメール・お電話にてお話しお聞かせ下さいませ。




この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

c8ef4ad2745fe811b709c168ef81b1ad

屋根の色あせや汚れが目立つとのお問合せをいただき、伊勢崎市山王町にてコロニアル屋根のお家の現場調査に行ってきました。それでは早速調査をしていきましょう。まず初めに、南面から調査をしました。

0

玉村町で屋根の調査に伺いました。

今回は屋根の調査のため、玉村町にいってきました!

調査するのは築25年の一戸建てで今回はじめての塗装ということです。

...........

image4-26-e1555141498886

多くのお客様が実際に塗装をする前段階で一番気にするところはどこでしょうか?お見積りの金額という方もいれば、業者選びに悩まれる方もいますが共通していえるのが色ではないでしょうか!使用する塗料メーカーによっては多くの色があり、どんな色にしよう?...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505