オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高崎市で塗膜の剥がれの気になる鉄板屋根の塗装前の下地処理をご紹介します


今回は鉄板屋根の塗装工事前の「下地処理」についてご紹介します。

塗装工事の前に欠かせないのが下地処理です。

下地処理を行う目的はズバリ
「塗装工事を長持ちさせるため」です!

下地処理は塗装工事でいえば
・高圧洗浄(おうちの水洗い)
・研磨作業(表面に傷をつける)
などなど。

下地処理は塗装する場所の状態によって行う作業が変わりますので
どんな下地処理を行えば塗装工事後の塗膜を長く保つことができるのかを
見極めなければなりません。

今回ご紹介するのは特に研磨(けんま)作業です。

研磨作業とは
鉄板の表面に細かな傷をつけて塗料の密着をよくする作業のことです。

鉄板屋根の塗装工事の研磨作業で必要なのは
今の塗料が剥がれている部分があればできるかぎり取り除く作業です。

もし、剥がれかけの塗膜の上から塗装を行ってしまうとどうなるのか・・・

せっかくの塗装もべろべろに剥がれてしまいます。
とてももったいないので
しっかり剥がしていきます。

研磨作業
このようにすこし剥がれている部分に刃をあてて剥がしていきます。

研磨作業
剥がしていくと白い部分(鉄板屋根の下地)が見えてきます。

また細かな塗膜の剥がれも削っていきます。
研磨 さび落とし
↑細かな作業ですがここが本当に大切です。


剥がれていない部分はどうやって下地処理を行うのかというと
このようにたわしのような目の粗いもので表面に細かな傷をつけていきます。
研磨


屋根材の状態によって
同じ「研磨」という作業でも作業方法が異なります。


屋根の塗装を長持ちさせたい!というご希望があれば
ぜひ専門店街の屋根屋さん群馬東毛店までご連絡ください!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

c8ef4ad2745fe811b709c168ef81b1ad

屋根の色あせや汚れが目立つとのお問合せをいただき、伊勢崎市山王町にてコロニアル屋根のお家の現場調査に行ってきました。それでは早速調査をしていきましょう。まず初めに、南面から調査をしました。

0

玉村町で屋根の調査に伺いました。

今回は屋根の調査のため、玉村町にいってきました!

調査するのは築25年の一戸建てで今回はじめての塗装ということです。

...........

image4-26-e1555141498886

多くのお客様が実際に塗装をする前段階で一番気にするところはどこでしょうか?お見積りの金額という方もいれば、業者選びに悩まれる方もいますが共通していえるのが色ではないでしょうか!使用する塗料メーカーによっては多くの色があり、どんな色にしよう?...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら群馬東毛店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-32-1152