オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知
らせ

渋川市で塗膜のはがれのあるコロニアル屋根の現場調査・お見積りに伺いました


渋川市でコロニアル屋根の調査に伺ってきました。

コロニアル屋根とはセメントを固めた屋根材であり、

・他の屋根材より安価であること

・施工も簡単で工期も短いこと

・見た目もすっきりとしていてお家の雰囲気にも合わせやすいこと

などの理由から普及率の高い屋根材です。


お家を建ててから1度塗り替えをされているそうですが、

やはり紫外線の影響により屋根表面の塗膜が劣化して色褪せを起こしているのが見受けられます。

塗装の色褪せが起こっているということは屋根表面の撥水性が劣化しているとも言えますので塗替え時期には適しています。

早速、詳しく見て行きます。

南側は紫外線の影響を受けやすく色褪せがより見受けられました。

 

屋根

こちらが変わって北側になります。

北面 屋根

北側という立地の他、下屋根という日当たりが悪く、紫外線の影響が少ないからこそ、

撥水性の低下した屋根材が雨水などの水分を含み、乾きにくい状況はコケが発生する絶好の環境になっていました。

コケの発生なら見た目だけの問題ですが、この状況が続けば、屋根材が含んだ水分が凍結することにより、

水分の体積が膨張し屋根材自体を破損するなどの状況も考えられます。

また、今回見受けられた中で気になるところがありました。

屋根 剥がれ

写真の屋根の左側だけ塗膜のはがれが起きているのが分かります。


塗膜のはがれの理由の多くが高圧洗浄や下地処理が甘かったことによるものです。

同じ時期に同じ塗料を塗っているにも関わらずこのように明らかな差が出ていましたのでこちらのお家も高圧洗浄・下地処理が理由と思われます。


これだけ差が出るのですから、工事中に確認のしにくい屋根であるからこそ、高圧洗浄や下塗りの大切さを感じました。

このような塗膜のはがれを防ぐためには高圧洗浄でしっかりと汚れや旧塗膜を落とした後、下塗りでしっかりと下地を作る必要があります。



塗料の耐久性だけでなく施工の下地処理も大切なことですね。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

c8ef4ad2745fe811b709c168ef81b1ad

屋根の色あせや汚れが目立つとのお問合せをいただき、伊勢崎市山王町にてコロニアル屋根のお家の現場調査に行ってきました。それでは早速調査をしていきましょう。まず初めに、南面から調査をしました。

0

玉村町で屋根の調査に伺いました。

今回は屋根の調査のため、玉村町にいってきました!

調査するのは築25年の一戸建てで今回はじめての塗装ということです。

...........

image4-26-e1555141498886

多くのお客様が実際に塗装をする前段階で一番気にするところはどこでしょうか?お見積りの金額という方もいれば、業者選びに悩まれる方もいますが共通していえるのが色ではないでしょうか!使用する塗料メーカーによっては多くの色があり、どんな色にしよう?...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505