オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

前橋市にて屋根外壁塗装のお見積りに行ってきました


先日、前橋市内で現場調査にお伺い致しました。

現場調査の際には、お家を下から上までしっかりと調査して、

ざ工事が始まった後に、追加工事により最初のお見積り金額よりもお客様のご負担が増えない様に心掛けています。

本日も隅々までしっかりと調査致しましたのでその中からいくつかのポイントをご紹介致します。

先ずは、普段お客様の目がなかなか届かない屋根です。

普段目につかない場所だからこそしっかりと調査の際に診断します。

image4-21-columns1

こちらは屋根の北面です。

コケの発生は水分が原因ですので、屋根材の表面が劣化して水はけが悪くなっていることが分かります。

また、北面は南面などの他の面に比べて日当たりが悪く湿気が残りやすいので特にコケが発生しやすいです。


瓦の割れなどは見受けられなかったので

高圧洗浄によってコケなどを出来る限り取り除いた後に塗装を施すことによって屋根を保護できる状態です。

クラック

こちらのお家、外壁材に大きな破損は見受けられませんが、

この様な小さな日々が多く見受けられました。

どの箇所も外壁材の端から細いクラックが生じています。

このクラックの発生の原因は外壁材の断面にあります。

外壁材の表面は塗装が施されており、防水性がありますが外壁材の断面はセメントの素地がむき出しの状態です。

そのため

この様な細いクラックは外壁材が雨などを断面から吸収し、乾燥を繰り返すことによって生じてしまいます。

s-image3
s-image1

こちらのお家で特に気になったのがコーキングです。

先ほどお伝えした通り、外壁材の断面はセメントの素地である為、防水性はありません。

そのため、外壁材と外壁材の間のコーキングはお家の防水性の要であり、非常に重要な部分です。

こちらのお家は、、、残念ながらコーキングの劣化が深刻化しており防水の役割を果たしておりません。

この様な状態ですと外壁材が雨を吸収、乾燥を繰り返し、この様に、浮きや変形を生じてしまいます。


この程度なら外壁材をビスで留めてあげることによって浮きは解消されますが、

ビス等での補修が困難な状態まで進行すると外壁材の交換などご負担が大きくなってしまいます。


コーキング材の劣化が見受けられる場合は早めのメンテナンスのご検討をオススメ致します。

s-image5

また、コーキングで一番気をつけていただきたいのが、横の目地やサッシの上などの横向きのコーキングです。

雨は上から下に流れます。

そのため、縦のコーキングは1mあろうと雨の影響を受けるのはコーキングの幅分のみですが、

横のコーキングは1mあれば雨の影響を受けるのは1m分です。

しかもサッシの上などは外側にサッシ分出ている為、

余計に雨の影響を受けやすいので注意が必要です。

この様なコーキング部分、サイディングのお家ですと「撤去打ち替え工法」で施工します。

既存のコーキングは全て撤去し、新しいコーキング材を充填する工法です。


絶対に既存のコーキングの上に新しいコーキングを充填する「増し打ち工法」は行わないでください。

長年住んでいるお家、実は普段目につきにくい場所で意外な劣化や症状が出ている場合が多いです。


何か起きる前に、お家の診断だけでも行って、お家の現状を知っていただければと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

c8ef4ad2745fe811b709c168ef81b1ad

屋根の色あせや汚れが目立つとのお問合せをいただき、伊勢崎市山王町にてコロニアル屋根のお家の現場調査に行ってきました。それでは早速調査をしていきましょう。まず初めに、南面から調査をしました。

0

玉村町で屋根の調査に伺いました。

今回は屋根の調査のため、玉村町にいってきました!

調査するのは築25年の一戸建てで今回はじめての塗装ということです。

...........

image4-26-e1555141498886

多くのお客様が実際に塗装をする前段階で一番気にするところはどこでしょうか?お見積りの金額という方もいれば、業者選びに悩まれる方もいますが共通していえるのが色ではないでしょうか!使用する塗料メーカーによっては多くの色があり、どんな色にしよう?...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら群馬東毛店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-32-1152