オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高崎市山名町コロニアル屋根の調査行いました!


今回は高崎市山名町に屋根の現場調査にお伺いしました。

お問い合わせ内容としては屋根の苔が気になるそして色あせが気になると言うことでした。

この苔や色あせに気づいたのは訪問業者さんが来た時だそうです。

ただ塗装工事は金額が大きくなりますので1社で決めるのは不安と言うことで、

弊社にお見積もりのご依頼をいただきました。

現場調査を始めるとまず気になった部分がコケです。

コケは北面に多く発生していました。

スレートの屋根は北面に多くコケが生えることがあります。
8b554fb8db3fa63dd11e717feb20e9a0

北面の下屋根があるお家は下屋根にコケが多く見られます。

なぜ北面に多く苔が発生するかと言うと、

北面は南東西面と違い日が当たりにくく、

雨などで屋根が水分をすると蒸発しづらくなっています。

これは水が常にスレートの屋根に残っている状態です。

このような状態が続くと苔が発生します。

北面は他の面より日当たりが悪いのでコケが発生しやすく、

傷んでいるように見えてしまいます。

北面下屋の状況

北面もしくはその他の面に苔が発生した場合は屋根材が痛んでいるサインなので、

早めのメンテナンスをお勧めいたします。


では、このような状態になってしまった屋根をどのようにメンテナンスするかというと、

まず、高圧洗浄を行います。

高圧洗浄では、屋根のカビ、苔を落とし、塗料との密着性をあげる役割があります。

高圧洗浄をしないと砂の上にぬるので、塗料が剥がれる原因になります。

次に下塗りです。屋根塗装の場合初めてのお乗り換えの際は下塗りを2回行います。

なぜ2回行うかと言うと1回目の際に屋根材が痛んでいると、

屋根材自体が下塗りを吸い込んでしまい、表面に塗装の幕ができませんので、

下塗り一塊は吸い込み度目として行います。

そして下塗り2回目で屋根材の表面に塗膜をつけ水を吸い込まない状態にしてから、

上塗りをかけることが重要です。


コロニアル屋根の塗装

下塗りの後は上塗り(仕上げ塗り)に入ります。

参考までに上の写真は上塗り作業の様子です。

各業者さんで色々な上塗り材を扱っていますので、
塗装を行う際は上塗り材の性能についての説明もしてもらってください。

屋根の上塗り材は遮熱や断熱、低汚染などが主流です。

しっかりとした施工の手順を踏み屋根材を仕上げることで、
10年20年と安心して暮らしていただけます。

施工後写真
上の写真は屋根の完成写真です。

塗装工事をするとこのようにきれいな屋根に生まれ変わるだけでなく、
屋根全体の防水性能が高まり、お家を守ってくれます。

屋根の塗装でご不明点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

c8ef4ad2745fe811b709c168ef81b1ad

屋根の色あせや汚れが目立つとのお問合せをいただき、伊勢崎市山王町にてコロニアル屋根のお家の現場調査に行ってきました。それでは早速調査をしていきましょう。まず初めに、南面から調査をしました。

0

玉村町で屋根の調査に伺いました。

今回は屋根の調査のため、玉村町にいってきました!

調査するのは築25年の一戸建てで今回はじめての塗装ということです。

...........

image4-26-e1555141498886

多くのお客様が実際に塗装をする前段階で一番気にするところはどこでしょうか?お見積りの金額という方もいれば、業者選びに悩まれる方もいますが共通していえるのが色ではないでしょうか!使用する塗料メーカーによっては多くの色があり、どんな色にしよう?...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら群馬東毛店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-32-1152