オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知
らせ

安全な足場工事・屋根工事のために知っておきたいこと


足場を建てて、工事をするという機会は一生に1度あるかないかのことです。


安全に作業するために施工業者はどのようなところに注意をしているのか、

お客様はどのようなところに注意をしなくてはいけないのかをご紹介します。


足場

まず、足場は基本的に、外壁から約1mくらい離れたところに、建てていきます。

そのため、お家のまわりにある割れやすいものや壊れやすいものを移動する必要があります。

また、物置が外壁に隣接している場合には移動をするか、事前に使うものを取り出しておくことをおすすめします。


ちなみに1mというと人が一人通れるくらいの幅しかありません。

↓1mの隙間はこのくらいです。

足場

1mあるとはいえ、鉄の部材でお家が覆われますので

リビングの掃き出しの窓からお庭に洗濯物などを出し入れすることは難しくなります。


お家の立地条件によっては、外壁との間が1mもない場合もあります。


さらに細かくご説明すると職人スタッフの安全を考え、

外壁から道板(足場を移動する際に歩く板)の距離は約30cm程の距離と言われています。


↓30cm以上あいてしまうと道板を踏み外した場合にとっさにつかむところがないため地上に落下してしまいます。



足場
↑30cm以上隙間があるとこのような状態です。
危険があると判断した場合にはすぐさま是正を行います。


いつも見ることのできない所の状態を確認したいというお施主様の気持ちはとてもよくわかります。

しかし、高所での作業は危険が伴いますし、法改正により足場の上に上る際には特別な教育を受けたものでないと足場に上がることはできなくなりました。


だからこそ、お見積のときや工事中などは専門のスタッフが

「どんな状態だから」「このような工事をしなければいけない」ということをお施主様に伝え、

「このような工事をしました」という報告がなければいけません。


お施主様もお見積の金額だけでなく、

どうしたらお家を長持ちさせることが出来るのか、しっかり確認していきましょう。




足場
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505