オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根塗装工事のお見積り書の正しい見方


普段近くで見ることのできない屋根の工事をする場合、
「現状でどのような状況になっているのか」
「どんな工事が適切なのか」
「本当にちゃんと工事をやってくれるのだろうか」
など不安に思われる方が非常に多くいらっしゃいます。

安心の屋根のリフォーム工事をするためにもお見積り書の正しい見方を知りましょう。


ポイント1:現状の様子を知る
屋根の工事といっても塗装工事や葺き替え工事、漆喰の補修など多くの種類があります。
どのような工事がご自宅に合っているのかは「今の現状」が判断基準になります。
そのため、建物の現状をお客様だけでなく施工業者も知っていなければいけません。
営業スタッフも施工スタッフも「現状」を分かってこそ、これからのリフォーム工事を検討できるのです。

知る方法は写真や口頭の説明などさまざまありますので
現状が分かるまでスタッフにじっくり聞いてみましょう。


コロニアル
↑実際にお客様にお見せしている写真です
高所カメラを使用し、屋根の状況を確認いただいています。
色褪せの様子や屋根表面の劣化が写真から確認ができます。
サビ 屋根
↑実際にお客様にお見せしている写真です
高所カメラを使用し、屋根の状況を確認いただいています。
屋根の板金部分のサビの様子や塗膜のはがれが確認できます。
ポイント2:見積りの項目が明記されているか確認しましょう

屋根の工事のお見積りでは「㎡」「m」で数量が明記されているかもチェックしていきましょう。
なかなか見えない高所の屋根だからこそ、
「ここはお見積り書に入っていませんでしたのでやっていません」
なんてことは避けたいものです。
数値の明記がされており、
もし一部分の補修であれば箇所が明確に記載していただきましょう(例えば西面〇m、など方角が指定してあるなど)。
また、どうしても工事の中には「一式」でお見積りになっているものもありますので不明点は解決してもらいましょう。


ポイント3:大幅な値引きの理由を聞きましょう

「今日のご契約ならお安くします」「モデル工事としてお安くします」などの大幅な値引きは要注意です。
最初の提示金額が適正でない場合があります。
契約を急かされた場合には、冷静になることが重要です。

ポイント4:相見積をとる

今、弊社にお問い合わせいただくお客様の多くが相見積をして、お任せするリフォーム会社を決めています。
会社の方針や担当の営業スタッフの知識や経験によってご提案する内容が異なる場合もあります。
見えない屋根の工事だからこそ、比較検討をして「よい!」と思った会社に工事を依頼しましょう。


いかがでしたでしょうか?
この記事に関するご質問・お見積りのご依頼は街の屋根屋さん群馬東毛店までご連絡ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら群馬東毛店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-32-1152