オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根材「日本和瓦」について


日本に古くから伝統的に使用される「日本瓦」についてご紹介します。

瓦とは、粘土で作った焼き物の屋根材です。

日本瓦は、古くから現代まで主に和風の住まいに使用されており、

耐久性が高く塗り替えの必要がありません。

最近では軽量化の瓦屋根、洋風にも合わせることができる商品も幅広く使用されています。

今回は、そんな日本瓦の特徴やメリット・デメリットなどご紹介していきます。


和瓦

冒頭でもお伝えいたしましたが、

日本の古くから伝わる伝統的な屋根です。

その特徴は、屋根材の中でも一番重みがあり、和風の住まいに多く使用され、

日本の気温や風土にも合っており幅広い世代に人気の屋根材です。



そんな日本瓦のメリットをいくつかご紹介してきましょう。



【日本瓦のメリット】

①破損しても1枚単位で交換・施工できる

②不燃材料のため、耐火性に優れている

③日本の気温・風土に合っている

④耐久性に優れており塗装する必要がない

⑤断熱性に優れているため、屋根裏に熱がこもりにくく、夏は涼しく冬は暖かい



大きなメリットとしては、他の屋根材とは異なり、

1枚ずつ組み合わせて施工するため、メンテナンス施工が他の屋根材よりも簡単にできます。


続いてはデメリットについてご紹介していきます。


【日本瓦デメリット】

①重量があるため耐震性が低い

②暴風で瓦がずれる

③瓦の種類によって高額なメンテナンス費用がかかることがある

④現代化につれて、簡単な施工ができる屋根材が増え、瓦屋根の施工できる職人が少ない

⑤屋根の下地、漆喰・基礎工事がしっかりとしたものでなくてはならない



デメリットの全体的な要因としては、職人不足・費用がかかる、

自然災害の影響を受けやすいことが難点になっています。



いかがでしたでしょうか?

瓦のメンテナンスや、交換、漆喰のひび割れなどの屋根の状態が気になる方は、

是非ご相談下さい。

現場調査からお見積まで無料でおこなっています。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら群馬東毛店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-32-1152