オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知
らせ

カバールーフ工事で注意をしたい「断熱材」


屋根の工事の中でも最近多くなってきているのがカバー工事です。
屋根のカバー工事(カバールーフ)は既存の屋根をそのまま残して、
その上から新しい軽量な屋根材を敷くというものです。


7d9dde7959d9325a71157c7ffb75b0e1-columns1
塗装工事に比べ高価なリフォーム工事ではありますが、印象ががらりと変わることや
屋根材の耐久年数が20年~とのことから
工事後のメンテナンスが非常にしやすいことからも「工事をしてよかった!」のお声が多いリフォームです。

「屋根のカバー工事(カバールーフ)」といっても実は大きく分けて2種類あります。

ざっくりですが分けると
断熱材があるものと断熱材がないものです。
見た目(美観)は変わりはありませんのでしっかりお見積り内容を確認する必要があります。
また、実際に工事をしたお客様から聞いたところによると
断熱材の屋根材を選んで工事をしたのですが雨音が響くようになったとのことでした。

雨音の響き方になるとお住まいの方でないと気付けないものです。

断熱材があるかないかによってもちろん本体の金額が変わってきます。
だからこそ、断熱材の有無の検討もしっかりしていく必要があります。


費用と効果をしっかりと検討していきましょう。
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505