オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知
らせ

防水工事後に表面に水がたまるのはなぜ?


ベランダや屋上の床の防水工事を行ったあとにいままでにない水たまりができてしまった、ということはありませんか?
「せっかく工事をしたあとなのにこんなになってしまうなんて」
「工事のやり方が良くなかったのではないか」
と不安に思う方もいらっしゃいます。

そこでベランダ防水後に水たまりのできる原因について少しご紹介します。

水たまりのできる大きな要因としては
工事を行ったことにより、表面の防水性が向上したことによるお水はじきです。

工事前には表面の防水性が低下しておりお水を床材が吸収してしまっていたものが
工事後には表面の撥水性がよくなり今までしみこんでいたお水が水たまりになって目に付くようになってしまったということです。

ほかにもお家を建ててから数十年経っているためにベランダ床の勾配が少し歪んでしまっていることも考えられます。
下地の問題、ということです。
歪みはベランダにいても気がつかないような少しのものであってもお水はその歪みにも対応してしまいます。


before1
278c450b02c75a6af6e426eb94588c9b-before
horizontal
after1
防水
防水工事そのものの質が悪い場合の多くが
・防水のはがれ
・表面の急激な色褪せ
・ヒビ割れや破断
といったものです。

防水についてお困りのことや気がかりな事がございましたら
街の屋根屋さん群馬東毛店までご連絡ください。
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505