オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨樋が壊れてしまう原因とは?



雨樋とは雨が降った場合に屋根を伝った雨水を下水や地面まで流してくれる役割があります。

普段それほど気にすることもなく日々過ごしてしまいがちですが、
雨樋は決して地味な存在ではなくお家をキレイに保つとても重要な存在なのです。


s-sIMG_5486
雨樋が壊れてしまうと、屋根に降った雨水がそのまま地面に降り、
家の外壁に垂れ流しの状態、地面に飛び跳ねた泥が飛び散り汚れてしまうことになります。

またそのままの状態で放置し続けてしまうと、
お家の構造上、予期せぬところにお水が回り雨漏りの原因にもなりかねません。

とても重要な役割を担うですが雨樋が壊れてしまう大きな原因としては、
大雪や大風の影響が考えられます。
気象の他にも落ち葉やコケなどのごみが溜まってしまっている場合も雨漏りの原因になりますので注意が必要です。

雨樋の内部など普段見ない部分ですから
「なにかおかしいな」「いままでと違う」と思ったことがあった際には気兼ねなく
街の屋根屋さん群馬東毛店にご相談ください。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら群馬東毛店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-32-1152