オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知
らせ

玉村町上飯島M様 コロニアル屋根塗装・棟板金の補修工事


工事のきっかけ

弊社外壁屋根塗装セミナーチラシをご覧になって

玉村町 屋根カバー工事,外壁塗装,屋根塗装 屋根塗装板金交換工事

ビフォーアフター

before
s-IMG_0545-before
horizontal
after
s-IMG_0698-after

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事,外壁塗装,屋根塗装
施工期間
使用材料
施工内容その他
屋根塗装板金交換工事
築年数
保証年数
工事費用
建坪
ハウスメーカー
s-IMG_0545-columns2
1. コロニアル屋根 施工前
屋根の色あせやコケが生えている、棟板金のサビが目立ちました。コロニアル屋根のメンテナンス時期は主にこういった状態の時が塗り替え時期になります。コケが生えていることは屋根の防水性が定価している状態になりますので早めの対策が必要です。コケが生えやすいのは、日差しが当たらない北面に多く見られます。
s-IMG_0543-columns2
2. 足場組立後
工事前に足場を組立、塗装工事の着工が始まります。
s-IMG_0549-columns2
3. コロニアル屋根 高圧洗浄
屋根の表面のコケや長年積もったほこりや砂を落としていきます。水だけの力で落とすので、洗剤は一切使用しません。高圧洗浄機を使用して落とすのですが、かなりの水圧なので、もし不注意で手が触れたりするとケガをしてしまうほどの圧力で取り扱いに非常に注意が必要です。
屋根表面の汚れを落とすのは、そうしないと、これから上から塗装する塗膜がせっかく塗装しても、塗装してしばらく経つと汚れと一緒に落ちてしまう恐れがあるからです。

s-IMG_0564-columns2
4. コロニアル屋根 棟板金施工前
棟板金補修前の写真です。
写真のように亀裂が入っているのが確認できます。
このまま放置してしまうと雨漏りをしてしまう危険がありますので、早めに処置をしておくことをおススメいたします。
s-IMG_0565-columns2
5. コロニアル屋根 棟板金釘打ち
棟板金の釘打ち写真です。
既存の錆びた釘を撤去し、新しく釘を打ち直します。
s-IMG_0566-columns2
6. コロニアル屋根 棟板金コーキング打ち
棟板金のコーキング打ちの写真です。
新しく打ち込んだ釘の上にコーキングを打ち込んでいきます。雨漏りをしないための工程です。


s-IMG_0567-columns2
6. コロニアル屋根 棟板金コーキング打ち
棟板金の継ぎ目のコーキング打ち写真です。
細かな雨が侵入してしまう箇所も丁寧に打ち込んでいきます。
s-IMG_0568-columns2
6. コロニアル屋根 棟板金補修完了
棟板金補修完了写真です。
塗装のついでに棟板金の一緒に施工することも可能ですので今の屋根の状態によってご提案、ご相談させていただきます。
s-IMG_0562-columns2
7. 屋根 使用材料の塗料
こちらが屋根の塗装材料一式です。一斗缶と呼ばれる缶に入っています。事前に屋根の面積を計算し、どの程度塗料が必要かを判断して塗料を工事前に発注しますので、塗装現場ごとに使用する塗料缶の料は変化します。
s-IMG_0569-columns2
8. コロニアル屋根 タスペーサー設置
屋根材が重なり合う部分に「タスペーサー」と呼ばれる部材を差し込んでいきます。理由は、タスペーサーを入れることで屋根材と屋根材の間にわずかなすき間ができて、雨水の新入を防ぐためです。「すき間ができると逆に雨が入ってくるんじゃないの?」と思いますよね。実は逆なんです。屋根材どうしがくっついていると、屋根の場合はそのくっついている面を伝って雨水が侵入してしまうんです。

s-IMG_0581-columns2
9. 屋根 下塗り1回目
洗浄、塗装の工程に入ります。まずは「下塗り」と言って、上塗りの仕上がりの色になる塗料を塗る前に、塗装することで上塗りの塗料のノリと耐久性が良くなります。弊社では、下塗りの工程を2回行います。
s-IMG_0577-columns2
10. 屋根 下塗り2回目
下塗り2回目です。1回目同様にムラなく塗装していきます。
s-IMG_0570-columns2
11. コロニアル屋根 タスペーサー設置完了
タスペーサーを下から見た写真です。
この後いよいよ
s-IMG_0588-columns2
12. 屋根 フッ素塗料上塗り中
上塗りの様子です。弊社では、上塗りを2回行って仕上がりとなります。1回目、2回目ともに同じ色を塗装するので、塗り残しがないか、ムラやカスレが無いかを確認しながら塗装しました。

s-IMG_0596-columns2
13. 屋根 フッ素塗料上塗り中2回目
上塗り2回目になります。
この2回目が最終の塗装になりますので細かい所も念入りに塗装していきます。

s-IMG_0698-columns2
14. 屋根 施工後
全体的に明かるめのグレー色できれいに仕上がりました。屋根材を塗装膜でコーティングするので、屋根の耐久性がぐっと上がりました。屋根は、雨風やほこりの汚れだけでなく、太陽の紫外線など、家の部位の中で一番劣化を受けやすい部分なので、普段目に見えない分、定期的なメンテナンスをおススメさせていただいております!

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

前橋市二ノ宮町 コロニアル屋根・カバールーフ交換工事

IMG_6709
IMG_3272
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
屋根塗装
使用素材
遮熱フッ素塗料
築年数
建坪
27坪
保証
7年
工事費用
580,000円
施工事例

太田市大泉町T様 コロニアル屋根からガルバリウム鋼板カバールーフ工事

IMG_3948
9196c21b8596967d1fb62b146af0be1e
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
23坪
保証
工事費用
544,700円(屋根葺き替えのみ。足場他工事別)
施工事例

太田市新田瑞木町Y様 コロニアル屋根塗装工事

s-IMG_8290
4fc5828190f054c8d3fd3025ae037021
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
使用素材
遮熱フッ素塗料
築年数
不明
建坪
28坪(94㎡)
保証
7年
工事費用
1,730,000円(全工事)

同じ地域の施工事例

施工事例

佐波郡玉村町S様 スレート屋根遮熱耐久無機塗料工事

IMG_8296
RIMG0058
工事内容
屋根塗装
使用素材
フッソUVコート遮熱
築年数
建坪
31坪
保証
7年
工事費用
309,000円(屋根塗装のみ。足場、洗浄含まず)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

パミール屋根全景

今回は先日建物診断に伺った高崎市中里見のお家をご紹介いたします。

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505